2018年09月14日

スイーツの由来:月見団子

9月になりました。
今年は全国あちこちで気温40度を記録って
どういうことなの、と思います。

さて、秋といえば中秋の名月、中秋の名月といえば月見団子です。
月見団子とは、その名通り、お月見の時に食べるお団子です。
なお、今年の中秋の名月は9月24日です。

お月見の由来は、
平安時代に中国から伝わった「月見の儀式」というのから始まるそうです。
世界中の神話やおとぎ話にて、月には神様が住んでいる、あるいは
神様そのものにたとえられて、祈りを捧げる風習がありました。
当時は夜になると真っ暗で明かりが月明りだけになることが多かったので
夜を照らしてくれる月は貴重な明かりだったのです。
調べたところ、昔は農作物などをお供えしていたようですが、
江戸時代ごろに団子になったようです。
よく、月見団子にススキがお供えされることがありますが、
これはススキを稲穂に見立てているから、なのだそうです。

お供えするお月見団子の数は筆者の地域では15個ですが、
これは中秋の名月が旧暦の8月から15日数えた十五夜、
という意味で15個なのだそうです。
つまり1個1個を月に見立てているのでしょうか?
また、地域によっては旧暦9月13日を月見としているところも
あるそうです。なお、今年の13夜は10月21日だそうです。

ふだん何気なく食べているスイーツには
それにまつわるいろいろな歴史や想いがあるのだなあと
調べれば調べる程感じます。
皆様も、ちょっと興味がわいたら調べてみると結構面白い由来が知れて
得した気分になりますよ。

中秋の名月・十五夜・月見団子☆ミニお月見(レビュー書き込みで次回飴プレゼント) - 京の飴工房
中秋の名月・十五夜・月見団子☆ミニお月見
(レビュー書き込みで次回飴プレゼント) - 京の飴工房





人気ブログランキングへ
posted by プディング at 00:00| Comment(0) | スイーツの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: