2020年11月29日

スイーツの由来:どらやき

明後日からついに12月、
2020年もあと1か月になりました。
この時期は新型コロナだけでなく、インフルエンザ、風邪、ノロウイルスなどにも
気を付けて、うがい手洗いをよく行いたいものです。

先日、近所のイオンでセールがやっていて、そこでどら焼きを売っていました。
普段ならすーっと通りすぎてしまうのですが、前回、ブッセの話をしたので
ついつい買ってみました。

どら焼きとはあの国民的人気キャラ、ドラえもんが大好きなお菓子です。
しっかりと焼き色が付いた円盤状のカステラ生地にあんこを挟んだお菓子で
なんと原型は800年前ほど前からだというのです。
とはいってもあんこを挟むようになったのは大正時代からだという事ですが。
ではなぜ「どら」焼きというのかというと、当時、戦の合図に使用した楽器
「銅鑼」(一枚のでっかいシンバルみたいな形の楽器です。)に似せたから
そう名付けられたとのことです。
なお、関西のほうでは三笠山という山に見立てて「三笠」「三笠焼き」というそうです。
カステラのふんわりとした生地に、どっしりとしたあんこの甘さは
とてもおいしかったのですが、単体で食べると口が渇くのと結構お腹にたまるので
濃い目のお茶と一緒に食べるとよさそうです。
そうかだからよくお茶請けとして出てくるのか、と今気が付きました。

これから年末年始にかけて、また大変なじきになりますが
何とか乗り切って2021年を迎えたいものです。
生どら焼き 虎ちゃん 【バターどら】 6個セット 虎屋本舗 手土産 お土産 お菓子 洋菓子 お取り寄せ スイーツ - ドリームリアライズ
生どら焼き 虎ちゃん 【バターどら】
6個セット 虎屋本舗 - ドリームリアライズ
posted by プディング at 23:14| スイーツの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする